2月20、22、23、24、25、26日に来ていただいた子たち

こんばんは〜。

肩がいまだに治らなくて困ってます。
寝違えって一週間以上続くものですかねえええ!

それでは来ていただいた子たちの紹介コーナー🎶

2月20日に来ていただいた子たち

ヨークシャーテリアのアンディーくんとチワワのハッピーくんです。

しばらく来ない間にハッピーくんの肌が……
お写真でも分かるように赤くなってますよね。
お家で1度バリカンを全身いれたそうです。
その際に刈っただけで終わりにしたそうです。
この行為とっても危険なのです。
刈るという気とは人間で言えばヒゲを剃るのと同じです。
その後にわたし達はなら何をしますか?
剃刀負けしないようにアフターローションやらでケアをしますよね?
それを刈ったまま数日も過ごすことは危険な行為です。
この子とアンディーくんお家でお洋服を
着て過ごしてると聞きました。
これもちゃんと交換してあげないと悪くなるもとです。
我々と同じように1日サイクルです、もしそれが難しいので
あればかえって着せない方が良いのです。

よく背中短くしたから服を着せてあげようって方が
いらっしゃいますがお散歩の時だけでいいのです。
ワンちゃんが1番冷えるのはお腹なのです。
ヒーターやお布団があればそこで保温します。
洋服自体は特に温かくするものよりも風除け程度ぐらいです。
交換もせず服を着させてると言うことは何日も
同じマスクをお風呂も入らずに付けづけるのと同じ事です。

詳しいお話をしなくてもどれだけ不衛生かわかりますよね?

そしてワンちゃんは痛みよりも痒いと言う感覚には
我慢はできなく構い続けます、そうするとそこが悪くなりそこを
舐めた後他を舐めることによって全身に広がってしまいます。

お洋服を着させる事、着させてる事たちはキチンと
毎日交換と今肌の状態は大丈夫なのか気にしてあげてくださいね。

アンディーくんもところ所真菌という常在菌に
よって肌が悪くなってますので気をつけてください。

2月22日に来ていただいた子たち

トイプードルのレオくんリクくんです。

相も変わらずですね~!
少しレオくんの毛のモツが増えてきたかな。
お家でちゃんとしたブラッシングをしてあげると皮フが悪くなりにくくなります。
ちゃんと維持してあげないと折角伸ばしてる毛の質が悪くなってしまいます!
リクくんも変わらずですね~腰が引けてて爪切りなんかが大変ですw

ヨークシャーテリアのココちゃんグミちゃんです。

グミちゃんの体重戻ってきましね! 良かったです😂
しばらく前にもし戻らなかったら預からないと
ダメかもなんて話を母としてました。
避妊手術後はホルモンバランスが崩れたりして栄養摂取が
増える子もいれば変わらない子逆に減ってしまう子もいるとか。
グミちゃんは変わらない子みたいで手術後は少し減量して上げてたみたいです。
太らせちゃうのは悪いことですがケースバイケースもあるので
一概に減らせばいいという訳ではないって事が勉強になりました💧

2月23日に来ていただいた子たち

パグのモグくんです。

やはりうちにいた時の事を覚えてるみたい(T▽T)
よく父が遊んで上げてたのを思い出したのか
急に昔自分がいた遊び場を見てから
父に構えって帰りゴネてたそうですw

チワワのウメくんです。

お久しぶりですね☺️
その割に肌も悪くなくっていい感じです。

お家でのケアできる子はこまめに来なくて
平気なのですが不安な子たちはしっかり
月一のサイクルでサロンさんに出してあげてください。

まだ何ヶ月の子なんかの頃からちゃんと
連れて行ってあげると慣れくれます。
しかし、最後まで見てくれないサロンさんも
あるそうなのでそこは同じ同業者としては悲しい事です。

2月24日に来ていただいた子たち

チワワのチーズくんいちごちゃんです。

いちごちゃんそろそろ成長が落ち着いてくる頃ですね~

体重も伸びが減ってきましたよ。
ここらでしっかり食事の量やら摂取カロリーを
気をつけなくてはいけませんよ!
つい、この辺りになると飼い主さんのどこが
弱いかや分かりまた自我もしっかりしてくるので
負けないように頑張りましょうw

チーズくんはそれをサポートしてねは無理かw( ̄▽ ̄;)
チーズくんもだいぶ表情が変わってきて
立派なお兄さん犬な雰囲気が伝わるようになってきましたね。

でも撮影の時はいちごちゃんの背中に隠れたりと🤷‍♂️

可愛いらしいコンビですね!

ペキニーズのきのこちゃんです。

伸ばしておきたいとのことで今回も刈りませんでした。
実際刈ってからじゃないとはっきり良くなってるかは
分かりませんのでお家てしっかり気をつけて見てあげてくださいね!

2月25日に来ていただいた子たち

トイプードルのボスくんハナちゃんです。

この子たちもお家でお洋服を着てるので気をつけていただきたいと思います。
短く常に刈ってあれば悪くなったかが
分かりやすいのですが長めのままなら
尚更服を着せる必要はありません。
かえって悪くなる元なのでお散歩の時に
オシャレ感覚で着させてあげてるだけにしてあげてください。

2月26日に来ていただいた子たち

シーズーのナッツちゃんです。

手先は悪いまま改善がないですね。
初めてご来店した頃よりはだいぶ臭いもとれて
ベタつきも減ってきましたが治っていません。
またこのサイクルではいつ悪くなるかも
分かりませんのでしっかりお家ではナッツちゃんの
状態が悪くなってないか気にしてあげてくださいl
良くするのは難しいのですが悪くなるのは一瞬ですから

しば犬のココくんです。

やはりしば犬ちゃんはブラッシングが難しいですよね。
毛がガッツリ凝っていてブラッシングする状態ではありませんでした。
素人ではましてやトリマーの方でもしっかりブラッシングできる方は
若い方では経験が足りなくてできる方がいらっしゃりません。

それもそうです専門学校で習ってくるのはカットをする事だけですから。

つまり伸びてる毛を切るこの作業だけを覚えてくるだけなので
シャンプーのやり方、しっかり毛の質を
維持する作業やらそう言った部分は教わってはきません。
もしかしたら講師も最近は若い方がやってるお店やらが増えてきましたから。

では、なんでわたしは違うかと言えばブリーディングしてた頃の子たちを
日々洗ったりしてるのと20年もやってきた父と母のノウハウやらが他とは違う強みですかね!

後と嘆かわしい事といえば若い頃はちゃんと見ててくれたのに
大きくなって年をとってきて急に断られる子たちが
最近多くうちを利用していただいております。

23回なら何とも言えませんが小さい頃から
トリミングをしてるお店ならその子の何が苦手で
嫌なのか平気なのか分かると思います。
ドクターストップがかかった事たちは仕方ありませんが
最後まで面倒見てあげてほしいですよね。
やはり住処が変わるとストレスがかかるようにサロンを
変えることもかなりワンちゃんたちには負担にはなるので

今回はここまでとなります。

次回の更新をお待ちくださいませ!ヾ(๑╹◡╹)ノ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です